お散歩交流 あげまつまち <実践編~小田野地区ルート撮影会~>

 6月11日(日)に、講座で学んだことを踏まえ、実際に歩きながら気になったものや撮りたいと思ったものを撮影する、散歩撮影会を実施しました。今回も、講師に塚本伸爾氏をお招きして行いました。
IMG_4160.jpg
散策開始してすぐに、昨晩の雨で葉がきらりと光る植物や花の姿があり、皆立ち止まって撮影をしたり、雫を入れた写真の撮り方について塚本氏が実際にファインダーを覗いてピントを合わせて解説したりし、数10mを20分以上かけて思い思いに撮影しながら進んでいく、非常にゆったりとしたペースで進んでいきました。

IMG_4185.jpg
塚本氏の話を夢中で聞く参加者の方々。撮影のコツやちょっとしたテクニックを聞いて、すぐに目の前にある植物や風景で実践できるため、吸収が早い方は、すぐに自分のものとしてマスターしていった方も・・・。多くの場合、いざ真似をして植物を撮影しようとしても経験不足のため、構図や撮れる写真のイメージができなかったり、イメージ通りの画が取れなかったりするため、皆さん何度も何度も同じ被写体を撮影して試行錯誤しておりました。

IMG_4208.jpg
皆さんばらけて目に入ったものをそれぞれ撮影し、塚本氏も撮りたいものを見つけて撮影されていました。
IMG_4212.jpg
塚本氏が撮る画に皆興味津々で、ファインダーを覗いてどのような画になっているのか、皆かわるがわる除いていました。この時の画は、アザミを主役にバックに山を入れたものでした。何気なく見ていただけだと、なかなかイメージできるものでなく、皆さんなるほどと何気ない道端の植物でも素晴らしい画の一つとして撮れるのだということを学んでおりました。

IMG_4241.jpg
塚本氏の解説とともに実施にファインダーを覗いて撮影することで、あえてぼかして撮影する写真や構図の前面にボケを入れることで幻想的な雰囲気や柔らかい雰囲気の画が作れるということを学べました。変わった風景や物もあるルートでしたが、多くの時間を費やしたのが何の変哲もない風景だったり、珍しくない植物だったりしましたが、視点を変えてカメラを通してみることで、一風変わった風景や植物に見えました。それを通じて、上松町のまた新たな魅力を感じることができました。上松町は、道端に草花が多く生えており、散歩しながら撮影するには非常に恵まれた場所だと思います。今回の講座を通じ、近所の道を歩きながら撮影を楽しんでいただき、趣味の散歩をより楽しいものへと昇華させ、何度も何度も歩いていただければよいなと思います。

IMG_4280.jpg
途中、ヤギがいるスポットがありましたが、ポーズをちょっと決めてくれ、皆でカメラを向けて撮影するという一幕もありました・・・。

2km未満のルートで、普通に歩けば15~20分ほどで歩けてしまうはずの距離でしたが、なんと予定の2時間を1時間もオーバーし、3時間の散歩撮影会となりました。思い思いに撮影しながらの散歩だと、非常に長い時間かけての実施となりました。

次回は、7月2日(日)。今回の散歩撮影会の参加者を対象とし、実際に撮影した画像を用いて、塚本氏に講評や撮影のコツなどについて教えていただく会を予定しております。どのような会になるのか今から楽しみです。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント